本文へ移動

教育目標

カトリック学園の幼稚園は

  1. 祈る心を伝える豊かな情操
    祈りに必要な心とは、「あいさつ」(呼びかけ)、「おれい」(感謝)「おわび」(回心)「おねがい」(祈願)などの心です。お父さん、お母さん、友だち、そして神様に、こんな心・思いを伝える豊かな情操を持ちたいものです。
     
  2. 教育の主体者は、「保護者の方」
    子どもは親の所有物ではなく、世界にひとつしかない人格を持った、かけがえのない尊いいのちです。そして保護者の方は、この子にとって直接に神様から託された、世界に一人しかいない教師です。
     
  3. 幼稚園は、協力者
    子ども一人ひとりの可能性、個性、人格は全て異なります。そのため、その子に適切な人的・物的環境を整え、保護者と「価値」を共有し、子どものオンリーワンの確立を目指し協力することが、幼稚園・教師にとって最大の任務です。
     
  4. 総合的な教育の場
    幼稚園は、手で触れ、目で見、舌で味わい、鼻でかぎ、耳で聞き、未知のものを知り、考え、判断し、友だちを気にかけ、そして遊び、心で感じ、祈って…という総合的な教育の場です。そこでは、一人ひとりの目標に従って、意図的、計画的に教育を行うことが重要になります。
     
  5. 自立と個性尊重
    みんなちがって、みんないい。ナンバーワンより、かけがえのないオンリーワンを。
0
2
7
4
4
0
学校法人 北見カトリック学園
TOPへ戻る